【株式会社レボインターナショナル】温暖化対策・環境創造・資源循環委員会 行政視察

【株式会社レボインターナショナル】温暖化対策・環境創造・資源循環委員会 行政視察

バイオ燃料を用いたリサイクル事業について

株式会社レボインターナショナルは、ふるさとの川や湖を環境汚染から守ろうという趣旨から活動を開始したボランティア団体が母体となっており、活動を継続していく中で、ボランティア組織ではその活動に種々の制約・限界があったことを受け、会社組織へと改組されました。

活動のスタートとして、京都市とともに使用済み食用油のリサイクル燃料化プロジェクト推進のため、市民が処理に困っている使用済み食用油の回収活動をはじめ、各家庭から回収、さらに回収拠点構築のための啓発活動、また業務店や環境問題・リサイクルに理解のある方々から大切な資源として回収し、環境に優しい軽油代替燃料「C-FUEL(シーフューエル)」へのリサイクル事業を推進しています。

株式会社レボインターナショナルでは独自の技術を用い、使用済み食用油からほぼ同量のバイオディーゼル燃料「C-FUEL」を製造することが可能であり、かつ安定した品質を確保しています。

京都市へその技術提供を行うことにより、国内初となる本格的なバイオディーゼル燃料化プラント「京都市廃食用油燃料化施設」が南部クリーンセンター内に竣工しています。