いなみ新聞42号(10・11月号)

主な内容

・開会中の令和2年横浜市会第3回定例会にて質問に立ちました

・消防局審査
1 新型コロナウイルス感染症対策
2 救急体制の充実強化
3 消防団施設等の充実強化
4 消防訓練センターの環境整備
5 消防ヘリポートの台風対策
(以上5項目23問)

横浜市には、今年で40年を迎えた自前の消防訓練センターが戸塚区にあります。新人訓練も行われるこの施設は、老朽化が著しいのが課題の一つ。市民の命に直結する消防・救急を担う消防局の予算確保は、喫緊の課題であると考えます。

・総務局審査
国のデジタル庁に対応し『横浜市でもデジタル局を設置すべき』等を質問。
1 行政の縦割りとデジタル化
2 コロナ禍における地域防災拠点訓練
3 地域防災力の向上
4 福祉の視点を持った職員の育成と配置 (以上4項目17問)

【総務局審査】①・・・・すが内閣のデジタル庁創設に向けた動きは、未来の日本に欠かせないものです。横浜市にもデジタル局を創設し、官民連携によるコンピューターを使った便利で迅速な行政システムを検討・構築すべきではないでしょうか。
【総務局審査】②・・・・かねてより福祉の視点をもった市職員の育成に力を入れております。介護職員初任者研修資格を横浜市の新人職員が取得する事で、10年20年先の市民生活に、介護現場に即したサービスを提供できると考えています。

マリンFM放送後記

『本牧三渓園ストリート笑栄会』の岩波光一会長。商店街には『笑い』が必要です。

菅義偉内閣総理大臣へ要望活動を行いました

よこはま自民党は菅義偉内閣総理大臣(元市連会長)に対し、横浜市の将来のさらなる成長・発展に向け、国の制度・予算等に関する項目を取りまとめて要望を行いました。

1. 特別自治市の早期実現
2. 地方分権改革のさらなる推進 ~政令市への事務権限の移譲と政令市の自主財源の充実~
3. 新型コロナウイルス感染症対策の強化と経済再生の実現
4. インバウンド誘客と観光振興の強化
5 .「防災・減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」終了後の支援の拡充
6. 持続可能なGIGAスクール構想実現に向けた支援