釣りへの思い、菅内閣官房長官と

Go!Go!NBC!にて動画に出演し、わたしの釣りへの思い、そして菅内閣官房長官についてお話しさせて頂きました。

子どもの頃に父の影響もあり、横浜の海で釣りの楽しさに目覚めました。若い頃はブラックバスのトーナメントに出るなど、わたしにとって「釣り」は人生を豊かにしてくれる趣味の一つです。

趣味から環境保全へ

こうして、ホビーから入った釣りですが、楽しみながらも、現場の様々な状況に気づかされることも多く、環境保全の必要性を強く感じるようになりました。

副代表理事を務める「認定NPO法人 日本釣り環境保全連盟」は、設立当時より関わらせて頂いているわたしの趣味の色濃い世界です。環境に優しい釣りを目指して活動しております。

環境に配慮したFECOマークの釣具

ところで皆さんは「FECO」というシールがついた釣具をご覧になったことがありますか? これは、商品によっては自然に分解されるなど、環境に配慮されていると認定されたマークなのです。バストーナメントでは、FECO対応製品の使用が義務付けられています。釣りが楽しめるこの素晴らしい環境に感謝し、次の世代に引き継げるよう、いまわたし達ができることを考えていきたいと思っております。

近頃ではなかなか、バス釣りや横浜の海でフィッシングを楽しむ時間が取れないのが悩みの種です。そんな毎日の中でも、ふとした機会に釣り談義を楽しむのが、今のわたしの最高の息抜きです。