福祉先進都市のヨコハマを

タウンニュースに市政報告が掲載されました

高齢者・障害者に優しい街は子育てにも優しい

 この4年間、市民から付託され市会議員として地域課題の解決に取り組んできました。主な内容として大岡川における水上バイクの速度規制を議会で取り上げ自主ルールを策定、イオン本牧店周辺の道路において安全確保を目的とした車線の変更、JR石川町駅南口のバリアフリー化、本牧市民公園のスケートボードパーク開設、本牧方面のベイバイクポートの整備、中区全域をカバーするコミュニティFMの今夏開局予定など、市民の皆様の声を実現することができたと思います。

寄り添い型市政に注力

 私は子育てをすると同時に、同居する義父を介護する身でもあります。横浜市は、今後の人口減少、少子超高齢化社会を見据えた課題が山積するなか、真の寄り添い型市政をめざすべきです。

 「高齢者」に優しい街は「障害者」にも優しい、そして「子育て世代」にも優しい街となります。そのような社会を実現するためにも、まずは経済。しっかりとした財政運営を確立しなければなりません。そして経済政策と並行して重要なのが「福祉の視点」を持った市職員の育成です。

 福祉先進都市を実現するため、福祉の現場が資格社会である以上、市の新人職員研修の一環として「介護職初任者研修」を取り入れ一人ひとりが福祉のマインドを養い、温かみのある市政運営を実現させていくべき。それが横浜の魅力アップにつながり、暮らしやすい街、また横浜の活性化にもつながります。この4年間の経験を糧に、世代を超えた「誇れる街・中区」づくりにまい進してまいります。

福祉先進都市のヨコハマを