ぶらり三溪園BUS地域の賑わいづくりに

タウンニュースに市政報告が掲載されました

 第1回定例会・予算第2特別委員会交通局審査で3月1日、質問に立ちました。本牧地域の活性につながればと私案である「ぶらり三渓園BUSを活用した沿線の賑わい創出」を取り上げました。

 ぶらり三溪園BUSは、市交通局が展開する観光バスの3路線の1つ。現状、三溪園まで横浜駅東口から海側を通る速達性の高いルートを通っていますが、元町と本牧方面を通るルートに変更することを提案しました。

 本牧地域では、各商店街が連携して山手地区商店街連合会を組織。この山手商連とバス路線がタイアップし、近年増加する訪日外国人をはじめとした観光客を取り組むことで、一層の活性化になるのではないでしょうか。

 本牧通り数カ所の既存バス停に停留させ、停留バス停は山手商連で決めて頂く。停留する以上、来街者が足を止める魅力づくりが不可欠。商店街には汗をかいて頂くと同時に、交通局だけの事業ではなく経済局、文化観光局、中区役所としっかり連携をし「振興プログラム」として地域活性を図っていくべきです。

 路線変更の可能性について市は、商店街が魅力ある事業を展開するのであれば観光バスとの連携も検討できるとして、調整する方針を示しました。

 今春、中区を網羅するコミュニティFM「マリンFM」が本牧に開局予定。災害時はもとより日頃から幅広い世代に有用な情報を発信することを期待します。今後とも皆様の声をしっかりと聞き、魅力ある地域の賑わいづくりに市議会議員として取り組んでいきます。

ぶらり三溪園BUS地域の賑わいづくりに